MSJ モーツァルトオペラ全曲シリーズ 第3弾

「バスティアンとバスティエンヌ」

「聖墓の音楽」


マスゾン特別価格

3,000円

(消費税・送料込み)

※全キャストサイン入りCDはご好評につき販売終了となりました。



音楽劇「バスティアンとバスティエンヌ」

MOZART SINGERS JAPAN

【商品情報】

2020.11.25発売

Octavia Exton

価格 3,300円(税込)

【収録情報】

  1. 歌劇(音楽劇)「バスティアンとバスティエンヌ」K.50
  2. 聖墓の音楽 K.42(35a)

バスティアン:望月哲也(テノール)

バスティエンヌ:鵜木絵里(ソプラノ)

コラ:宮本益光(バリトン)

天使:鵜木絵里(ソプラノ)

魂:宮本益光(バリトン)

髙田恵子(ピアノ)

山口佳代、中野恵奈(コレペティートル)

【宮本益光コメント】

今作は「コジ・ファン・トゥッテ」「ドン・ジョヴァンニ」に続くシリーズ第3弾。

MSJメンバーの「少年モーツァルトと思い切り遊びたい」の言葉どおり、12歳神童の中にあざやかに滑りこみ、愉悦はじけるジングシュピール(音楽劇)が展開、光彩あふれる歌にオモチャも参加しMSJの面目躍如たる楽しさ満載。後半の「聖墓の音楽」は、11歳のモーツァルトの楽才を知るカンタータで、こちらも貴重な新録音。バスティアンは1768年のオリジナル・ヴァージョン、聖墓の音楽も1767年のオリジナル・ヴァージョンを踏襲しています。



↓ご注文はこちら↓